新日本工業のレンチキュラー印刷「REAL 3D」ここでは、その仕組みとテクノロジーをご紹介します。

レンズマン

レンチキュラー印刷について

レンチキュラー印刷(3D印刷)とは、平面の印刷物でありながら立体や動きの表現ができる特殊印刷のことです。
「立体的な人物と背景」「走っている自動車」など物語の世界観や商品の空気感までも印刷できるのです。

レンチキュラー印刷のテクノロジー

レンチキュラーレンズのしくみ

レンチキュラーレンズとは、カマボコ型の凸レンズがライン状に連なったレンズシートのことです。
このレンズを通してレンチキュラー用に合成した画像を見ると、あら不思議。立体的に見えたり絵が動いて見えたりさまざまな効果が生まれます。この技術がレンチキュラー印刷(3D印刷)です。
一般的には、レンズと印刷物を貼り合わせたり、レンズ裏面に直に印刷して製造されています。
量産の場合は直に印刷することが多く、生産ラインの精密さが品質の差に結びついています。

レンチキュラーレンズの種類

レンチキュラーレンズは主に「線数」で分類されます。
単位は「LPI」と表記し、1インチ幅(約2.45cm)に連なるレンズの本数を示しています。
各アイテムや用途に合わせて、レンズ線数・薄型・厚型など最適なレンズを選択します。

薄型レンズ

厚型レンズ

立体に見えるしくみ(レイヤーデプス/フルデプス/フリップフルデプス)

人間の目のしくみ「両眼視差」

人間は右目と左目で微妙に異なる像を見ています。これを「両眼視差」と言います。
両眼視差による微妙にズレた像を、脳内で処理・判断することで立体と認識しているのです。

レンチキュラー印刷が立体に見えるしくみ

「両眼視差」の特性をレンズによって再現しているのがレンチキュラーです。
レンチキュラーレンズを通して特殊な加工を施した絵柄を見ることにより立体感を感じるしくみです。

絵が切り替わるしくみ(フリップ/モーション/ズーム/モーフィング)

例:「みかん」と「りんご」の切替の場合

例えば2つの絵が切り替わる「フリップ」の場合、図のように2つの絵を交互に配置した合成画像をつくります。
レンズを通して角度を変えながら合成画像を見ると絵が切り替わります。
「モーション」「ズーム」「モーフィング」は少しずつ動きの変化する画像を複数枚用意します。

立体感をより効果的に見せるために

平面的なデザイン

平面的なデザインイメージ

平面的に構成したデザインは色べた部分が多く、立体感がありません。

立体的なデザイン

立体的なデザインイメージ

立体的に構成した絵柄同士を重ねたデザインは、奥行き感があります。
レンチキュラーにすると立体感が生まれやすく、より効果的に見せられます。

臨場感があるね

レンズマン