レンチキュラー印刷(3D印刷)は、「立体の効果」と「動きの効果」の大きく2種類に分けられます。

レンズマン

レンチキュラー印刷の種類

レンチキュラー印刷(3D印刷)は、奥行きを感じたり飛び出しているように見える「立体の効果」と、絵柄が切り替わったり動いているように見える「動きの効果」の2種類に分かれます。
ここでは、基本的なバリエーションをご紹介します。

立体の効果

レイヤーデプスサンプル

レイヤーデプス

平面の絵柄を重ねることで、
突出感や奥行き感を持たせ
遠近感・立体感を豊かに表現できます。

フルデプスサンプル

フルデプス

まるで実物のような複雑な凹凸で
リアルな立体感を表現します。

フリップフルデプスサンプル

フリップフルデプス

自然な奥行き感・リアルな立体感を持たせながら、
絵柄を切り替えることができます。

立体の効果におすすめな製品

メモ帳イメージ

メモ帳

ダイナミックに飛び出してくるような「立体の効果」には「メモ帳」がおすすめ。表紙のリアルな立体空間にくぎづけ間違いなしです。

他の事例についてはこちら

動きの効果

フリップサンプル

フリップ

2〜3種類の絵柄をシャープに切り替えます。

モーションサンプル

モーション

動画・アニメーションなどの連続する動きを、
躍動感を持ってなめらかに表現します。

ズームサンプル

ズーム

拡大・縮小する動きをスムーズに表現します。
全体的なズームはもちろん、
アイテムごとのズームも可能です。

モーフィングサンプル

モーフィング

ある物体が別の物体へと徐々に変形していく
様子を表現します。

動きの効果におすすめな製品

うちわイメージ

うちわ

傾けると絵が変わる「動きの効果」には「うちわ」がおすすめ!パタパタとあおぐたびに、描かれている面が変化していく様子が楽しめます。

他の事例についてはこちら

レンチキュラー効果のサンプルをご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。 サンプルイメージ

資料請求・お問い合わせ

トップへ

レンチキュラー印刷について

レンチキュラー印刷の用途